プライベート

プライベート  

建築家東北大会2005福島コンベンション
2005年11月23・24日
フォレストパークあだたら及び日大工学部基調講演 建築家 国広ジョージ

■国広さんのエネルギッシュな講義に勇気がもらえました。

■写真 JIA東北支部会員の作品パネルを見て談笑する国広氏。
左側の中央は若松東北支部長

■コテージで「建築家のゆくえ」を語り合 いました。
水戸部さん(羽田設計)と多田さん(本間設計)




2005年 山形県蔵王みはらしの丘ビジターセンター新築工事設計業務公募型簡易プロポーザルに参加しました。

   2005年10月24日提出

   予選落ち

     
■安藤忠雄の連戦連敗を読もう。

■2005年10月 6日 現地説明会

私たちは設計図の作成だけでなくパースの製作や模型も作ります。
どうしても施主さんに図面だけでは理解できないですよね。


■南陽市の神保花店の模型。

■右上  天童市の田中邸のパース。

■上  南陽市の須藤邸のパース。

■右  南陽市のゆうきカメラ店のパース。

私たちは継続的に研修をします。

■建築家としての業務の質的向上と業務環境の変化に対して対応できることを目的とします。
     
■JIA「建築家大会2005東海大会」に参加しました。        
   総参加500名  
   2005年 9月 9・10日

■写真 上  郡上八幡の街並み。
  
■写真 右  美濃市で見つけた喫茶店。
   「うだつの上がる街並み」の裏通りです。


工事の監理は設計図書の作成以上に重要です。

設計の段階ではつめ切れなかった部分を施主さんに説明します。

■この日は須藤邸の設備関係の色を選定。

■全体のご予算とのバランスで納得のいくまで会議は続きます。

施工図をさらにチェックします。
  
■設計図を元に施工者は施工図を起こしますが、この日はその図面の検討会議です。

■設計の意図と施工者の意見の食い違いがないかチェックします。

■この日は櫻湯の木工事の担当者と打ち合わせ。

施工中に計画の変更を要望されたとき・・・・・

施主さんが少しでも不安に思うことには丁寧に対応します。

設計の段階では気が付かなくて現場で気が付くこともあります。

■この日は施主さんに新たに窓がほしいと要望されました。
■構造的に検討している写真です。       

私たちは常に原寸大のスケールで検討します。

■現物と写真ではどうしてもイメージに誤差が出来ます。

■可能な限り原寸で説明します。

■この日は櫻湯の庭の自然石の説明です。

私たちは工事の全てを施主さんに報告します。

■工事写真を項目ごとに撮影し記録します。

■写真は須藤邸現場写真です。
   柱の配筋の現場確認です。
            

■私たちは工事写真の全てを施主さんに提出します。
  
■構造計算をした構造建築士の確認を必ず受けます。

隠れてしまう部分は特に監理が大切です。

■壁や天井の裏に隠れる配管などはまめに撮影します。
  
■置賜長井病院精神科病棟の廊下の天井内部です。  
   
■設計図と照らし合わせます。        

■この日は壁の中に隠れる気密シートの 確認です。

■山形市の原田邸の写真です。


私たちは手づくり風デザインを取入れることがあります。
これは素人感覚だからこそいいなと思うことは積極的に取入れます。
家族でつくったオリジナルデザインはいかがですか。

■写真は南陽市ウイッチハウスさん。
      
■割れレンガの花びらです。
      

各種セミナーにも参加します。

■写真は素人も参加できる塗り壁セミナー。
  
■山形市のグリーンスコップで開催しました。


私たちは建築相談や建築の健康診断もやります。

■私たちは町医者的感覚で活動します。
■この日は山形市のマンションの健康診断。
     
■初期の診断は無料です。
     
■構造的に不安があれば構造建築士も同席します。
      

■右の写真 建て替えるべきか構造の補強で何とかならないか相談を受けた倉庫。

■下の写真 構造と設備の調査は特に慎重にしています。
    構造体を貫通する配管。    
      

私の趣味のひとつはジャズ鑑賞。

■トランペットの入ったJAZZはいいね。   
■日野皓正のファンです。
 

私たちは常に原寸大のスケールで検討します。

■2005年11月23日 フォレストパークあだたらで
    開催された建築家東北大会2005福島コンベン
   ションのパーティー。  
   
■みんな東北支部の建築家です。
   ジョン・レノンではありません。
   福島の佐久間さんです。 
    
■ボーカルの相田さんの「ミスティー」
   よかったよ。

■マッケンローが審判にクレームをつけていたとき、私はテニス教室で鬼のように走っていた。   

■マッケンロー様。あなたのテニスは芸術だった。

■もう一度見たい。 
   あの芸術的なボールの奇跡。
   マッケンローの世界。       

■「ウィンブルドンの雨」
私が好きな服部克久さんの曲です。

■芝を一年掛けて育てたセンターコート。

決勝戦までポロボロに剥げ落とされるセンターコートの芝。
二週間のためにしか使われないセンターコート。
今日は雨で戦いはお休み。

こんな休日もあったらいいね。
私が好きな季節。雨のウィンブルドン。

私は2000年〜2001年の間
公立置賜総合病院の設計監理に日本設計の一員として協力しました。   

■各部分のデザイン詳細設計のお手伝いをしました。

■敷地北側の擁壁の芝桜です。 
   






■ガラスブロックのデザインや屋上の舗装のデザインはたいへん楽しい仕事でした。

■家具の模型も作りました。

日本設計のスタッフ様にはたいへんお世話になりました。

提案したのに採用されなかった デザインはその欠点を必ず検証します。

■改めてどこかに使用できるように・・・・

■レンガの窓       

■レンガと枕木の歩道